質問趣意書「ヒトパピローマウィルス感染症の予防接種について」を提出

2013年12月7日 16時58分 | カテゴリー: 活動報告, 県政レポート

5日、今定例会においての質問趣意書「ヒトパピローマウィルス感染症の予防接種について」を提出しました。

神奈川県においては、医療機関からの副反応報告及び保護者からの報告を合わせて 11 月末現在で 25 人の報告がされていますが、国への報告症例以外にも副反応と疑われ る症例が出ています。副反応の遅発性を考慮すると重篤な症例がさらに増える可能性も 否定できません。 あらためて、副反応の追跡調査の実施や被害者救済に向けた知事の見解を伺いました。

知事からの答弁書は、残念ながら定例会最終日12月20日までお預けです!