国際協力を通して世界の、日本の構造を知り、暮らしを変える

2011年5月30日 09時20分 | カテゴリー: アジア・NPO/市民社会・平和

地球の木の活動から

 国際協力NGO「地球の木」の総会でした。地球の木は、現在、ラオス、ネパール、カンボジアのアジア3カ国への支援を行っていますが、震災後は初の国内支援にも取り組んでいます。また、ラオスの方たちも日本の支援のために動いてくださっているそうです。

 福島の原発事故により、私たちは、周辺に住む人たちのリスクの上に首都圏の電力がまかなわれていたことに改めて気付かされました。まさに、途上国の環境破壊や人権侵害を生んできた世界の構造と同じしくみが国内にも存在しているということであり、暮らしやエネルギー、経済のあり方の転換に向けて取り組む決意と、エネルギーや資源、自然環境を分かち合っていく地道な活動を次世代につなげていく活動方針が確認されました。

総会後、田島征三さんの講演がありました。テーマは、『ラオスの森を歩く』でしたが、東日本大震災直後の作品『砂の墓標』のお話から。事件、事がらに接して何か創りたいという表現者としての思いをうかがえました。