やり残したこと…Y150問題

2011年5月24日 23時51分 | カテゴリー: 市政ファイル

 昨年12月、横浜市会で「開国博 Y150」の赤字穴埋めのため、新たに横浜開港150周年協会に12億6600万円の市費を補助金として交付することが決まりました。(当時の討論はこちら
あれから5ヶ月、今度は、TSP太陽との特定調停に合意したとして、150周年協会に対して4400万円余の補助金が交付されようとしています。

 財団法人横浜開港150周年協会は、今どのような状況なのか、2011年度の事業計画で確認できます。事業活動収入は基本財産の運用利息などによる1万円、事業活動支出は約4000万円となっています。支出の内訳は、訴訟関連経費 に約1000万円と事務局人件費、事務管理に約3000万円を要しています。

 繰り返しになりますが、特定調停は、「債務者の再生に資すること」を目的としていますが、財団法人横浜開港150周年協会は、債務の清算をする以外に存在意義のない法人です。
市民の税金が、このような使われ方をしていることを止められないこと、残念でなりません。