「地域のことは地域で決める」丸岡いつこと共に

2009年8月20日 10時56分 | カテゴリー: その他・つぶやき

神奈川ネットワーク運動・青葉は、8月30日、衆院選、市長選とともに行われる市議会議員の補欠選挙に、丸岡いつこさんを候補予定者として決定しました。

丸岡いつこさんは、脳性マヒの息子さんと共に地域の小・中学校に通う中で、今、子どもたち、そして学校教育が抱える問題を実感し「横浜子どもの教育を考える会」などの市民団体で活動してきました。そして、今回、どの子も、その子らしく学ぶことのできる教育環境を作っていきたい、未来を担う子どもたちのために、今、私たち大人が責任を果たさなければ、と立候補を決意しました。

100年に一度といわれる経済不況。穴だらけのセーフティネットをつなぎ合わせる政治の役割が問われています。
分権の時代だからこそ、地域政党の出番です。
私は、これからも、丸岡いつことともに、地域福祉・地域経済を豊かにする政策を提案していきます。