ローカルパーティで変えたい!変えよう!

2006年7月4日 06時44分 | カテゴリー: その他・つぶやき

「全国市民政治ネットワーク」全国集会

 7月1、2日、全国で活動するローカルパーティが集まり、ローカルパーティ「全国市民政治ネットワーク」の全国集会が開催されました。
ローカルパーティーは、東京に始まり、神奈川、千葉、北海道、岩手、埼玉、福岡、長野、熊本、茨城に拡がり、現在、146人の議員がいます。また、議員を代わり合うシステムによって328人がローテションしています。

 1984年に生まれた神奈川NETからも108人の女性議員が生まれています。
90年代には、「Jネット(ローカル・ネットワーク・オブ・ジャパン)」に参加し、ローカルパーティとナショナルパーティのそれぞれの自立も模索しました。
 常に、国の政治の影響を受けざるを得ない神奈川の政治状況をつくり・変えることをめざして、ローカルパーティ「民主党神奈川」の設立にも関わりました。
 でも、政党の分権は、進みません。
〜国の政治に連なる政治ではなく、地方政治に意欲ある女性・市民がエンパワーメントすることのほうが、政治の活性化につながる〜私たちは、そう考えました。
 
 NETは、ローカルパーティを全国につくること、多様なNPOの活動がさらに拡がること、また、それらローカルパーティやNPOが政策をつくり、政治を動かしていくことを支援するという方針を持ち、2001年には、「市民社会チャレンジ基金」を創設しています。
 自分たちが大きくなるよりも、たくさんのローカルパーティが生まれ、拡がることが、地域の政治を変え、日本の政治を変える力になる!そのことを全国のローカルパーティのメンバーとも確認しました。

 統一地方選挙でも、国政政党ではなく、ローカルパーティ同志で競い合う選挙をしてみたいです。「地方選挙」なんだもん!