保育室が消えていく…?

2006年1月22日 00時12分 | カテゴリー: 子育て・子育ち・女性

認可外保育施設訪問シリーズ

 青葉区にある「ちびっこランド藤が丘園」をお訪ねし鴻田園長にお話を伺いました。 ちびっこランド藤が丘園では、日々、一時保育の受け入れが行なわれています。預ける理由は問わない、当日申し込みも可能で、15分単位で利用できるそうです。また、月極の保育を利用されている方のうちでも、フルタイムで働いているは50%と、利用者の働き方も多様であることがわかります。皆さん、小規模施設の自由度の高いサービスを選んで利用されているのでしょう。

しかし、保育施策の中心は、やはり、待機児童解消。認可保育園の開所が続いています。園長が、差し出された地図には、新設認可保育所とともに、閉所してしまった横浜保育室、無認可保育室が記されていました。
子育て支援や保育に関わる公的施設を作る一方で、地域の保育室が姿を消していくのは残念。地域の資源を活かせる施策が必要です。