NPO法人「あっとほーむ」はアイディアの宝庫

2006年1月13日 00時15分 | カテゴリー: 子育て・子育ち・女性

認可外保育施設訪問シリーズ

 都筑区中川で、保育所を運営されている「NPO法人あっとほーむ」代表の小栗ショウコさんにお話を伺いました。あっとほーむは、静かな住宅街の中の一戸建ての「家」です。 98年、マンションの一室で、5人の子どもたちのための「保育園・小学校後の二重保育」をスタートされましたが、利用者は急増し、その後一年で、現在の「家」に引越されました。
定員15名に対して、約50名の登録者があるそうで、あっとほーむが提供されている夜間保育の潜在的ニーズはかなり高いようです。
サービスメニューも幅広く、「一時保育」、「宿泊保育」から「家事代行、訪問保育 幼児教室」も提供されています。また、保育園、幼稚園などとの送迎サービスも行われています。
学齢期の子供へのサポートメニューはまだまだ不足している現状がありますが、アットホームは、12歳までの子供たちに対して、世代を分断しないで支援を行なうことにもこだわりをもっていらっしゃいます。小栗さんのスタンスは「仕事も子育ても楽しめる生活」。利用されている方の大半は、フルタイムで仕事をされる方なのだそうです。

ご自身の世代を「当たり前のように働くことを選ぶ世代」と表現されたように、子育てしながら仕事を続けるために必要な事を、ポジティブに、かつ、ナチュラルに拡げていらした小栗さんでした。

役人が、遠いところで、気配り目配りしながら補助金の配分ルールを考えて、全国で画一的なサービスを展開してる一方で、公的助成がなくとも、女性たちのアイディアで新たなサービスがスルスルと事業化されていく小気味良さを感じました。
色々あっていいですよね。地域のサービス!

(写真右から 代表小栗ショウコさん、若林、理事宮下ゆりさん)