ヒ素・ダイオキシン類検出問題

2004年8月22日 00時32分 | カテゴリー: 防災・環境・エネルギー・ごみ

都筑区川和町に建設中の、「市営地下鉄4号線川和車両基地」工事現場(農薬工場跡地)の土壌から、国の環境基準値を約170倍上回るヒ素が検出されて いたことが3/19報道されました。3/31、4/2の常任委員会では、質疑で、記者発表や説明会で公表されなかった事実が、次々と明らかになり、委員 からは、当初未公表だったダイオキシン類汚染状況や水質調査についての調査方法や結果についての疑問、さらに、それらの情報を意図的にクローズしている事についても厳しい意見が出されました。しかし、それに対し交通局からは、明確な解答はありませんでした。情報公開が明らかに不足しています。

 これまでの経過を明らかにし、今後の健康被害を防ぐためにも、市民が適切な情報を手にすることが必要です。5月9日には川和町に住む住民を中心に ミニフォーラムを開催。現場に隣接する都筑・青葉・緑区のメンバーで、情報公開請求や市民によるヒアリング調査の実施にむけて継続的に取り組みます。