デイ愛甲原発「自分らしさ」にこだわって

2004年8月22日 00時58分 | カテゴリー: 高齢者、障がい児・者福祉

 7月14日から、NPO法人MOMOデイ愛甲原(伊勢原市)主催の「自分らしく生きよう !ケアプランを自分でつくる」という講座がスタートしました。 デイ愛甲原のある伊勢原市高森台住宅は、高齢化率がすでに32%!しかし、地域の方が、自分たちのまちの将来に責任を持っていこうという思いは強く、6 年ほど前から、主体的に「福祉のまちづくり勉強会」を続けてこられました。その活動から昨年12月デイ愛甲原が誕生しました。このデイ愛甲原で、「自己選択・自己責任」という本来の介護保険の理念にも立った講座が始まりました。
全国マイケアプラン・ネットワークの講師を迎ての講座に私も参加しました。
どの自治体も、現時点では、ケアプランの自己作成の推進には消極的で、ほとんどの場合、専門家であるケアマネジャが作成しています。けれども、ケアプランを自分で作成するというこはライフプランを立てることであり、「自己選択、自己決定」という介護保険の理念にそったものです。そして、何よりも「介護保険制度」の理解につながります。
第1回の講座では、介護保険制度の基本を学習しましたが、参加者の体験も交え、介護認定訪問調査の実態や、介護保険と医療保険の境界などについて問題提起もあり、なかなか刺激的な講座でした。
こうした講座を身近な地域でも開催できるよう、地域の拠点をひらいていきたいと思います。