韓国民主労働党議員との交流

2004年8月21日 22時45分 | カテゴリー: アジア・NPO/市民社会・平和

神奈川ネットワーク運動は9月14日〜17日まで、韓国民主労働党からの訪問団の視察の受け入れをし、 16日には3名の女性議員と男性スタッフ2名がネット青葉を訪れ若林市議やメンバーと交流、意見交換をしました。

韓国では、ハンナラ党と新千年民主党という保守系の2大政党中心ですが、1997年にこの民主労働党ができました。 民主労働党では、昨年の地方選挙で比例区に多数の女性候補者をたて、女性を多く当選させています。来日した議員は、 全て1期目、議員になって1年ちょっと、ということでしたが、既に、全羅南道では、若い看護婦さん出身の道議会議員 が、学校給食に安全な食材を使うという条例提案をしてイニシアチィブ(直接請求)10万人を集めて成功したそうです。 「生活者政治」の政策テーマで力強い活動が進んでいることが分かって、刺激的な交流でした。