ご挨拶

2004年6月7日 22時40分 | カテゴリー: その他・つぶやき

統一地方選挙を終えて

 2003年統一地方選挙において、私、若林ともこは、大ぜいのみなさまから信託をいただき市会へと送っていただきました。 選挙を通じ、機能不全をおこしている国政治に対し、「地方の時代だ!」と言う声、政治転換を求める市民の思いを肌で感じることができました。また、たくさんのな生活課題に耳を傾ける機会 もいただきました。 学区の見直しや障害者作業所のあり方、また、手話通訳者養成のための支援について、保育園の 民営化の問題などのミニフォーラムを予定しています。 これらの課題を大ぜいの皆さんと共有しながら政治的解決をすすめることで、市ネットワークを拡げていきたいと思います。
  少子高齢化時代に突入し、また、生活危機が深刻化する中、これまで私たちは、セーフティネッ トを広げることで低成長の時代でも豊かさを実感できる社会モデル=市民政策を提案し続けてき ました。 今後も、NPOやNGOとの連携をすすめて、市民の政策制度提案を行います。